欧米化

若々しくいたいならイソフラボン

イソフラボンはカラダを若々しく保つ効果があるとして、近年とても注目されている成分です。
いくつになっても、若々しくありたいと誰しもが思うものですよね。
一体イソフラボンの持つどのような働きによって、若々しさを保つことができるのでしょうか。

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをするといわれています。
女性らしい体つきを作るために必要なエストロゲンと似た作用が期待できるなんてとても嬉しいですね。
また女性ホルモンに似たイソフラボンを摂取することによって、お肌の新陳代謝を促すこともできるのです。
さらにコラーゲンを増加させて弾力とハリのあるお肌へと導くことができます。
このようにお肌の若々しさへの効果もとても高いので、イソフラボンを配合した化粧品もとても多く開発され、発売されています。
また、エストロゲンが不足することが原因となって起こる更年期障害を軽くする効果も期待できます。
摂取することでエストロゲン不足を補い、更年期障害の症状である関節痛やほてりなどの不快な症状を和らげてくれるのです。
さらにイソフラボンはカルシウムと合わせて摂取することで、骨を強く保つ作用があるといわれています。
カルシウムの流出を防ぐ効果があり、エストロゲン不足による骨粗しょう症の予防にも効果的です。
また抗酸化作用があることも若々しさを保つ秘訣になっています。
この抗酸化作用によってがん細胞への抵抗力を高める効果が期待できます。
つまりがんの予防効果があるということなのです。
実際、大豆製品を摂取することの多い地域とそうでない地域とでは、女性特有の乳がんや子宮がんの発生率に差があると報告されています。
またイソフラボンには動脈硬化の予防効果も期待できます。
悪玉コレステロールを排除してコレステロール値を下げ、若々しい血管へと導いてくれるのです。

このようにイソフラボンには、様々な方向から体の内側から若々しさを保つ作用があります。
毎日積極的にイソフラボンを摂取して、いつまでも若々しくいられるように努めましょう。