欧米化

食生活が欧米化している人にはイソフラボンがおすすめ

近年、食生活の欧米化が問題となっていますよね。
私たち日本人は食生活が欧米化したため、和食を口にする機会が激減してしまっています。
和書は栄養バランスがとれており、とても健康に良い食事です。
そんな食生活の変化によって、イソフラボンも不足してしまっていることをご存知ですか。

欧米化した食生活は、肉類の摂取が多く油を多く使用した料理が多いので、健康的であるとは言い難い食生活だと思います。
さらに欧米化した食生活では大豆食品の摂取量が少ないので、1日に必要と言われているイソフラボンの摂取量30㎎に届かないことも多いのです。
イソフラボンは美容効果が高いだけでなく、骨粗しょう症の予防やがんの予防にも効果があるといわれています。
また、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きがあるので、ホルモンバランスを整える効果も高く、女性らしさが増すだけでなく更年期障害などの軽減にも期待できるのです。
このように私たちの体に必要不可欠な成分であるイソフラボンは、食生活の欧米化によって不足しがちになっているのです。
そこで、イソフラボンをしっかりと摂取するために食生活を正す必要があるといえます。
食生活の中になるべく和食を取り入れていくことで、イソフラボンを含む大豆製品を摂取することが大切です。
イソフラボンを含む食品は、豆乳をはじめ納豆・豆腐などの大豆食品やみそ・醤油などの調味料までとても幅広いです。
そのため、これらの食品をいくつか組み合わせて上手に必要な摂取量のイソフラボンを摂取できるように心掛けていきたいものですね。
例えば豆腐のおみそ汁ならば、豆腐と味噌を組み合わせて使用しているので、とても効率的にイソフラボンを摂取することができるといえるでしょう。

食生活の欧米化によってイソフラボンが不足することが多いので、積極的に大豆製品を取り入れてしっかりと摂取することを心掛けていきましょう。
大豆製品は非常に魅力的な食材になります。