欧米化

もやしにもイソフラボンがある?

イソフラボンは美容や健康にとても高い効果があるとして有名な成分です。
特に女性にとっては欠かすことのできない成分として、雑誌やテレビなどで取り上げられることも多いですよね。
化粧品やサプリメントに配合されていることも多いイソフラボンですが、食品にも多く含まれている成分です。
イソフラボンは、色々な種類の食品に含まれています。
大豆製品に含まれていることが一番有名ですね。
あまり知られてはいないですが、実はイソフラボンが含まれている身近な食品があるんです。

その食品とはもやしです。
もやしにイソフラボンが含まれているということを知っている方は意外と少ないのではないでしょうか。
ヘルシーな食材として有名なもやしですが、そんなもやしを食べることが美容や健康に効果があるなんて、ちょっと意外ですよね。
もやしは豆からできています。
そのことを考えると、イソフラボンが含まれているのも納得できますね。
もやしには緑豆もやし・アルファルファもやしなどをはじめ、いろいろな種類があります。
一番多くイソフラボンが含まれている種類は大豆もやしですが、その他の種類のもやしにもちゃんと含まれています。
もやしはとても安価な食材で、お財布にも優しいのが嬉しいですね。
なにより歯ごたえがよくて味にクセもなく美味しいので、無理なく摂取できる食材です。
もやしはとても使い勝手の良い食材で、サラダに入れる・和え物にする・炒め物に入れる・お鍋の具にする・・・など幅広いレシピに取り入れることができるのも嬉しいポイントです。
しかし保存できる期間がとても短いので、生のままで長期間の保存はできないのがデメリットといえます。

このように、身近な食材であるもやしにもイソフラボンは含まれているのです。
手に入りやすく、価格もお手頃な食材であるもやしなら、手軽に毎日取り入れることができますね。
多くの料理にもやしを取り入れて、上手にイソフラボンを摂取していきたいものですね。