欧米化

イソフラボンは肌からも浸透するの?

美容効果が高いとして注目を集めているイソフラボン。
食事やサプリメントなどで体の中から摂取するのが一般的だと思いますが、実はお肌からも吸収することができます。

お肌からも吸収できるということで、最近ではイソフラボンを配合した化粧水をはじめとした化粧品がたくさん開発され販売されています。
一口にイソフラボンといっても実は2つの種類があり、グリコシド型とアグリコン型があります。
グリコシド型は糖と結合した配糖体で、分子が大きいものです。
アグリコン型は糖と結合せず単独で存在しているもので、分子が小さく体内への吸収力に優れています。
イソフラボンは分子が大きいままでは体内には吸収されないので、腸内細菌の働きによって糖を分解してアグリコン型にしてから体内に吸収されていきます。
お肌に使う化粧水などに配合されているものの多くは、吸収力に優れたアグリコン型のもので活性化した状態のものです。
つまり分子の小さいイソフラボンなので、お肌にもしっかりと浸透して角質層の奥深くまで成分を吸収することができるのです。
お肌からイソフラボンを摂取すると、紫外線による皮膚の炎症を抑制する効果があるといわれています。
さらにイソフラボンには抗酸化作用もあるため、お肌の老化にもとても高い効果が期待できるといわれています。
また原料である大豆に含まれているレシチンという成分には、コラーゲン・コンドロイチンとともに美肌を作る3大栄養素と言われるほど、高い美容効果があるといわれています。
イソフラボンもレシチンも大豆由来の成分なので、100%天然成分であることが嬉しいポイントですね。
お肌に非常に優しいので、敏感肌の方でも安心して使うことができます。

このようにイソフラボンはお肌からも吸収することができる成分ので、食事を通してだけでなく配合した化粧水などの化粧品を上手に取り入れて、美肌を手に入れたいものですね。
健康的な生活を送るためにしっかりと活用していきましょう。