欧米化

イソフラボンの抗ガン作用

健康と美容への効果が高い成分として有名で、女性にとって欠かすことのできない成分と言われているイソフラボン。
この成分に実は抗がん作用があるということをご存知ですか。
イソフラボンは主に大豆や大豆製品に多く含まれているのは有名ですよね。
これらの食材を食生活に日常的に取り入れているアジア圏とそうではない西欧圏では、前立腺がんや乳がんの発症率に大きな差があるのだそうです。
これによって、抗がん作用があるのではないかと近年注目されているのです。
イソフラボンに抗がん作用があると言われるのは、一体どのような要因からなのでしょうか。

まず一つ目は、イソフラボンの抗酸化作用ががんの抑制につながっているということです。
がんの発生の要因の一つとして活性酸素があげられます。
イソフラボンにはこの活性酸素が体に及ぼす影響を防ぐ働きがあるのです。
そしてがんが作られていくのを防ぐ効果があるのです。
その他にも、がんが形成されて成長していく過程を遮って抑制する作用もあると言われています。
つまり、イソフラボンにはがん細胞が活性化するのを抑える働きがあるのです。
次に、イソフラボンが女性ホルモンに似た性質の物質であるということも抗がん作用があると言われる要因の一つと言えます。
女性ホルモンと同様の働きをして、ホルモンのバランスを取ってくれる働きがあるため、性ホルモンと深い関係にあるがんの発生を抑制することが可能だと考えられているのです。
これらの2つの要因から、イソフラボンには抗がん作用があると言われているのです。

このようにイソフラボンはがんの予防に効果があること、すなわち抗がん作用があると考えられています。
大豆や納豆・豆腐・豆乳などの大豆製品に豊富に含まれており、日々の食事からも摂取しやすい成分です。
毎日の食生活を通してイソフラボンを積極的に摂取して、がんの予防につなげていきたいものですね。
健康的な生活を送るためには欠かせない成分となっています。