欧米化

イソフラボンは食事から摂取しやすい?

皆さんはイソフラボンってご存知ですか?
これは大豆の芽である胚軸に多く含まれているポリフェノールの一種です。
イソフラボンは体内で女性ホルモンよく似た働きをするため、特に女性に嬉しい成分として知られています。
美肌効果や主に女性らしい体をつくる効果があり、更年期障害の症状を軽くする効果や骨粗しょう症を予防する効果も期待できます。
サプリメントにも含まれることの多い成分ですね。
このイソフラボンは、食事から摂取することは難しいものなのでしょうか?
サプリメントではなく、毎日の食事で自然に摂取することができたら嬉しいですよね。

イソフラボンは大豆をはじめとするマメ科の植物に多く含まれています。
大豆は私たち日本人にはなじみの深い味噌・醤油・豆腐・納豆などの加工食品の原料となっているので、摂取する機会も多いものだと思います。
しかし近年は食生活の欧米化が進んでおり、これらの食品を摂取する機会が向かいよりも減っているといわれています。
食事から意識的に摂取するためには、醤油や味噌を使用した料理を作る機会を増やすのがおすすめです。
調味料なら毎日の食事にも取り入れやすく、無理なく簡単に摂取することができると思います。
どうしても食事で取り入れにくいという場合は、コップ1杯の豆乳を飲むだけでも簡単に摂取することができます。
豆乳に含まれるイソフラボンの量はとても多いので、効率的にイソフラボンを摂取することができる食材なのです。
そのまま飲むだけでなく、豆乳を使ったシチューや鍋などの料理にも活用できるため使用範囲が広く、料理に取り入れやすいのも嬉しいポイントですね。
毎日これらすべての食材を取り入れるわけではなく、どれか一つでも食事に取り入れることができれば、十分な量のイソフラボンを摂取することができるので、毎日の食事からでもイソフラボンの摂取は無理なく行うことができると思います。

このようにサプリメントからではなく、毎日の食事からイソフラボンを摂取することは難しいことではありません。
規則正しく栄養のバランスが整った食生活を心掛けることで、イソフラボンの摂取も行えるようになるでしょう。